ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book (3)
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル
official illustration book (3)


2016年4月1日、『ラブライブ!』μ's最後のワンマンライブとなる「ラブライブ! μ's Final LoveLive!~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」が、東京ドームにて開催され、μ'sの9人がステージに登場した。




出演したのは、高坂穂乃果役の新田恵海、絢瀬絵里役の南條愛乃、南ことり役の内田彩、園田海未役の三森すずこ、星空凛役の飯田里穂、西木野真姫役のPile、東條希役の楠田亜衣奈、小泉花陽役の久保ユリカ、矢澤にこ役の徳井青空のμ's9人。


4月1日開催「ラブライブ! μ's Final LoveLive!~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」


スクールアイドルグループ・μ'sの、ワンマンライブとしてはファイナルになると銘打っており、国内だけでなく海外でもライブビューイングを開催するなど、全世界から注目を集めるライブとなった。初の東京ドーム公演ということもあってか、開演前から会場は熱気に包まれていた。場内に流れている「Super LOVE=Super LIVE!」の曲に合わせ、メンバー順に次々とペンライトの色を変えていく観客からは、このライブを盛り上げ、絶対に成功させるという気概すら感じられた。


1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」、TVアニメ1期OP「僕らは今のなかで」と、はじまりを予感させる2曲を皮切りにライブがスタート。ステージ構成も東京ドームにふさわしく、センター、一塁、三塁、ピッチャーマウンド、そしてバックネットと5つのメインステージを配置している。また、μ'sのメンバーがトロッコで球場を駆け抜けていくため、見切れ席となるステージ裏でも十分に楽しめる配置となっている。



初公開のメイド服で「もぎゅっと"love"で接近中!」を披露したあとには、「Wonder zone」、「これからのSomeday」、「Love wing bell」をトロッコからメドレーでパフォーマンス。新田、内田、久保によるユニット・Printempsは1stシングル「Love marginal」のジャケットイラストをイメージした衣装で登場し、「WAO-WAO Powerful day!」、「NO EXIT ORION」、そして移動式ステージで観客の真上を通過していく「sweet&sweet holiday」で会場を魅了する。


三森、飯田、楠田のユニット・lily whiteは全身がバルーンで飾り付けられた衣装をまとい「思い出以上になりたくて」や、バルーンに囲まれたトロッコで移動しながら「ふたりハピネス」、「春情ロマンティック」と歌い上げていく。lily whiteのMCでは、会場外の桜が満開だったことに触れ、観客に手伝ってもらい東京ドームに白とピンクのサイリウムで満開の花をドームに咲かせていた。南條、Pile、徳井のユニット・BiBiは「Cutie Panther」、「錯覚CROSSROADS」、そして4回めのワンマンライブ「μ's →NEXT LoveLive!~ENDLESS PARADE~」から定番となったBiBiコールで盛り上がる「PSYCHIC FIRE」の熱唱で会場はひとつに。



劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』の劇中歌「Angelic Angel」は今回が初披露。メンバーに合わせた衣装や髪型、扇子を使った振り付けだけではなく、モニターとキャストを一体化させることで、扇子の動きの軌跡を表現していく。歓声の大きさがその完成度の高さを物語っているようだ。


飯田、Pile、久保による「Hello,星を数えて」、南條、楠田、徳井の「?←HEARTBEAT」、新田、内田、三森が見せた「Future style」でのアニメーションPV再現や、「だってだって噫無情」、「No brand girls」で巻き上がる火柱や花火の演出が会場をより一層燃え上がらせていく。



観客との一体化が、ライブ成功の要因になったのは間違いない。ファンと一緒に作った「ミはμ'sicのミ」を全員で合唱し、「SUNNY DAY SONG」のサビではともにダンスをする。「Snow halation」では会場全体をオレンジのサイリウムで照らし、場内に表示されているモニターも観客席を映すほど。


公演最後の曲となるダブルアンコールの「僕たちはひとつの光」では、会場センターに大きな花が出現。劇中と同じく、ゆっくりと花開いていき、μ'sが姿を現していく。劇中最後のライブで披露した同曲を、ファイナルライブ最終公演で見事歌いきった。



舞台から去っていくμ'sを、場内に流れるインストの「僕たちはひとつの光」を歌いながら見送る観客。別れを惜しむように声を張り上げる観客に向けて、新田が「これからももっともっとよろしくお願いいたします!」と返す。そして、まさにいまの気持ちを体現するかのような歌詞「いまが最高!」をμ'sと観客で歌い上げ、「ラブライブ! μ's Final LoveLive!~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」は幕を下ろした。


上段左から楠田亜衣奈、徳井青空、南條愛乃、久保ユリカ、下段左から内田彩、Pile、新田恵海、三森すずこ、飯田里穂


「ラブライブ! μ's Final LoveLive!~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」2日目セットリスト

M-01 僕らのLIVE 君とのLIFE μ's
M-02 僕らは今のなかで μ's
M-03 夏色えがおで1,2,Jump! μ's
M-04 Wonderful Rush μ's
M-05 友情ノーチェンジ μ's
M-06 もぎゅっと"love"で接近中! μ's
M-07 baby maybe 恋のボタン μ's
M-08 Music S.T.A.R.T!! μ's
メドレーパート
M-09 ユメノトビラ μ's
M-10 ススメ→トゥモロウ 新田恵海・内田彩・三森すずこ
M-11 Wonder zone μ's
M-12 これからのSomeday μ's
M-13 Love wing bell μ's
M-14 Dancing stars on me! μ's
M-15 Happy maker! μ's
M-16 WAO-WAO Powerful day! Printemps(新田恵海・内田彩・久保ユリカ)
M-17 NO EXIT ORION Printemps(新田恵海・内田彩・久保ユリカ)
M-18 sweet&sweet holiday Printemps(新田恵海・内田彩・久保ユリカ)
M-19 思い出以上になりたくて lily white(三森すずこ・飯田里穂・楠田亜衣奈)
M-20 ふたりハピネス lily white(三森すずこ・飯田里穂・楠田亜衣奈)
M-21 春情ロマンティック lily white(三森すずこ・飯田里穂・楠田亜衣奈)
M-22 Cutie Panther BiBi(南條愛乃・Pile・徳井青空)
M-23 PSYCHIC FIRE BiBi(南條愛乃・Pile・徳井青空)
M-24 錯覚CROSSROADS BiBi(南條愛乃・Pile・徳井青空)
M-25 Angelic Angel μ's
M-26 輝夜の城で踊りたい μ's
M-27 だってだって噫無情 μ's
M-28 Hello,星を数えて 飯田里穂・Pile・久保ユリカ
M-29 ?←HEARTBEAT 南條愛乃・楠田亜衣奈・徳井青空
M-30 Future style 新田恵海・内田彩・三森すずこ
M-31 それは僕たちの奇跡 μ's
M-32 ミはμ'sicのミ μ's
M-33 Super LOVE=Super LIVE! μ's
M-34 No brand girls μ's
M-35 KiRa-KiRa Sensation! μ's
M-36 SUNNY DAY SONG μ's
【ENCORE】
M-37 START:DASH!! μ's
M-38 Snow halation μ's
M-39 Oh,Love&Peace! μ's
M-40 どんなときもずっと μ's
M-41 MOMENT RING μ's
【W-ENCORE】
M-42 僕たちはひとつの光 μ's

http://news.mynavi.jp/articles/2016/04/04/lovelive/



ラブライブ! μ'sファイナルシングル「MOMENT RING」 [CD]
ラブライブ! μ'sファイナルシングル
「MOMENT RING」 [CD]